機能性食品の開発を促進し食品関連産業の集積を目指します。

フーズ・サイエンスヒルズプロジェクト

  • HOME
  • 恵まれた地域資源
  • 戦略計画
  • 取組み
  • 成果品
  • フーズ・サイエンスセンター
  • 活動報告
  • 企業紹介
現在の位置
HOME新着情報⇒食品等開発助成事業の募集について

食品等開発助成事業の募集について

公益財団法人静岡県産業振興財団では、静岡県と連携して、県内の中小企業者等の方々が行う高付加価値型食品等の製品化を支援するため、高付加価値型食品等開発推進事業を平成23年度から実施しています。
この事業の一環として、高付加価値型食品等の製品化に向けた試作品開発・実証試験を行う事業に対して助成する「食品等開発助成事業」を次のとおり実施しますので、下記の通りご案内します。

※「高付加価値型食品等」とは、機能性を有し、かつ安全性が担保され、安心して食することができるもので、さらに食材や製法等についても十分吟味された、食品若しくは食品素材を使った製品又は食品加工機械をいう。
1 助成対象者
中小企業者(中小企業基本法第二条第一項で定めるもの)及び農林漁業者であって、県内に主たる事務所、事業所又は住所を有する者。但し、県税を滞納していない者。
2 助成対象事業
食品、化粧品(食品素材を使用した場合のみ)、食品加工機械分野において、製品化に向けた試作品開発・実証試験を行う事業。
また、優先採択枠事業として以下の2つがあります。
①産学連携活用事業 大学等研究機関や産業支援機関が持つ研究シーズを活用して製品開発を行う事業
②富士山静岡空港就航地交流事業 北海道など富士山静岡空港就航地の企業や大学等と連携して製品開発を行う事業
3 採択予定件数
採択件数は、全体で10件を予定しており、このうち5件程度については上記の優先採択枠事業を優先採択します。
但し、これらの件数は、申請状況により変わることがあります。
4 助成率・助成限度額
助成率は助成対象経費の2分の1以内で、100万円を限度とします。
5 助成対象期間
交付決定日~平成27年2月28日
6 応募方法等
(1)提出書類
   ①交付申請書(様式第1号)  10部(正本1部、副本9部)
   ②事業実施計画書(様式第2号)  10部
   ③反社会的勢力でないことの表明・確約に関する同意書  1部
   ④直近3ヵ年の決算資料(貸借対照表、損益計算書等)  10部
   ⑤会社案内等の事業概要が分かるパンフレット類  10部
   ⑥直近期の県税納税証明書(法人県民税、法人事業税)     1部

   ※①,②,③:上記の交付申請書、事業実施計画書及び反社会的勢力でないことの表明・確約に関する同意書の様式を
    ダウンロードし、作成してください。
     交付申請書・事業実施計画書・反社会的勢力でないことの表明・確約に関する同意書(Word形式: 127KB)

   ※⑥:最寄りの各財務事務所にて取得してください。又、個人事業主の場合は、個人事業税について、取得してください。


(2) 受付期間
   平成26年4月3日(木)~5月12日(月)午後3時までに必着
   (受付状況又は採択状況に応じて、受付期間の延長又は追加募集を行う場合もあります。)
7 審査
(1)書面審査及び審査委員会により審査を行います。審査委員会では、申請者によるプレゼンテーションを実施していただきます。
(2)審査委員会では、①事業の新規性・優位性②事業の市場性③製品化の可能性④事業遂行能力
   ⑤予算の妥当性などの観点から総合的な審査を行います。
(3)交付決定までのスケジュール(予定)
助成対象経費
当該事業に直接必要な最少経費であって、交付決定日~ 平成27年2月末日(手形の場合は決済完了)までに支出する経費とします。ただし、人件費、消費税及び地方消費税、振込手数料は対象外です。
科目 内容
原材料費 製品化に向けた試作品開発・実証試験を行うために必要な原材料を購入する経費
機械装置又は工具器具の購入・製造・改良・据付け・借用に要する経費 製品化に向けた試作品開発・実証試験を行うために必要な機械装置又は工具器具の購入・製造・改良・据付け・借用(レンタル・リース)に要する経費(但し、汎用性が高いと判断される機械等については、原則として借用に限る。)
外注加工費 製品化に向けた試作品開発・実証試験を行うために必要な加工において、外注した際に支払われる経費
技術コンサルタント料 製品化に向けた試作品開発・実証試験を行うに当たり、コンサルタント会社等を活用する費用として支払われる経費
委託費 製品化に向けた試作品開発・実証試験を行うに当たり専門的知識を有する部分について、第三者に委託する際に支払われる経費
その他 調査研究費 調査研究を行うための経費、データ等を購入する費用として支払われる経費(但し、対象事業への使途が特定できるものに限る。)
消耗品費 消耗品を購入するために支払われる経費(但し、対象事業への使途が特定できるものに限る。)
9 その他注意事項
(1) 助成事業の決定等に当たり、助成事業者名、住所、事業の名称を公表します。また、助成事業に係る内容の発表をしていただく場合があります。
(2) 助成事業の対象期間内において、類似の内容で他の助成制度による同様の助成を受ける場合、本助成金は受けることはできません。
(3) 応募の際には、事前にご相談ください。また、1者1申請でお願いします。なお、ご提出いただいた書類は返却いたしません。
(4) 審査結果を通知しますが、採否の理由等についてはお答えできません。
(5) 助成事業終了後3年間、毎年度終了後、助成事業に係る過去1年間の成果状況を報告していただきます。
10 応募・問い合わせ先
公益財団法人 静岡県産業振興財団
フーズ・サイエンスセンター プロジェクト推進部
〒420-0853 静岡市葵区追手町44-1 静岡県産業経済会館2階
TEL:054-254-4513 FAX:054-253-0019
http://www2.ric-shizuoka.or.jp/fsh/
E-mail:newfoods@ric-shizuoka.or.jp

詳細につきましては、要網(PDF形式 : 598KB)をご参照ください。
ページの先頭へ

copyright © shizuoka food science hills. All rights reserved.

SHIZUOKA FOOD SCIENCE HILLS

〒420-0853 静岡市葵区追手町44-1
公益財団法人 静岡県産業振興財団

フーズ・サイエンスセンター
TEL (054)254-4513