財団法人 静岡県産業振興財団
  サイトマップ
財団の概要 お問い合わせ

診断助言登録専門家検索

*専門家情報*
氏名
漢字  玉置久倫
フリガナ  タマオキ ヒサミチ
登録番号  18044
画像  PHOTO
連絡先
住所  静岡市駿河区
登録分野  経営    情報化  
助言専門分野
 経営全般  情報化支援  事業再構築  創業支援
 新分野進出
 その他 (事業継続計画(BCP)策定、農商工連携・6次産業化)
主要助言項目
 経営企画  ビジネスプラン  財務管理  資金計画
 マーケティング  販路開拓  営業企画  コンピュータ導入指導
 インターネット活用  ITによる業務効率化  情報化戦略
 その他 (事業継続計画(BCP)策定、農商工連携・6次産業化)
資格・実務経験等
 中小企業診断士 
 情報処理技術者  (情報セキュアド・初級シスアド)
 ITコーディネータ 
 その他  (静岡県商工調停士、6次産業化プランナー)
 企業実務経験  (主要担当業務:経営企画、リスク管理、システム企画、監査、Webコンサル)
現在の所属
 その他 (業種:中小企業診断士 玉置事務所 代表)
通常連絡
 携帯  
連絡方法
 電話 電子メール  
講演会等の
講師について
 可能

 ■過去の講演テーマ
・中小企業のためのBCP対策セミナー:BCPの必要性と策定ポイント
・経営革新事業を通じた経営力の強化
・Webを活用した販路開拓
・ネットショップの初歩・素人にもわかるブログのはじめ方

得意とする助言
アドバイスについて
アドバイス項目  経営改善計画の策定支援
アドバイスの詳細
・農林水産系金融機関の融資・審査部門で、水産加工業者や旅館、ホテルなどの経営改善計画を策定するとともに、リスク管理部門で融資先の信用格付けや資産の自己査定などを担当した経験を活かし、金融機関の視点も踏まえた助言を行います。

・単なるコスト削減による事業再構築や実現性の低い事業計画ではなく、短期的にはコスト削減、中期的には売上増加を目指し、即行動に結び付けられる経営改善計画の策定を支援するとともに、策定した経営改善計画に基づく金融機関との交渉やその後改善状況フォローも行います。

・なお、静岡県商工調停士としても活動しています。
アドバイス項目  事業継続計画(BCP)の策定支援
アドバイスの詳細
・金融機関のリスク管理部門、システムセンターでBCP策定プロジェクトの事務局として、実際に事業継続計画(BCP)を策定した経験をいかし、現場の実態に即した策定支援を心掛けています。

・万が一の時のための単なる地震や津波対策を目指すのではなく、業務改善や社内活性化を通じた、平時から売上や利益に貢献する事業継続計画(BCP)の策定を目指します。

・静岡県BCP指導者養成講座修了している経緯もあり、静岡県事業継続計画モデルプランや中小企業BCP策定運用指針(中小企業庁版)をベースにした全5回で、静岡県BCP特別保証の内定通知を目指します。

【BCP策定支援内容:全5回コース】
・1回目:ヒアリング、事務所・工場等の見学、基本方針・体制等
・2回目:中核事業と目標復旧時間の選定、中核事業の構成資源と資源の洗出し
・3回目:中核事業の継続のための代替資源の洗出し、緊急時の被害予測と財務診断
・4回目:事前対策の整備計画の策定、教育・訓練計画の策定
・5回目:BCPの全体確認、安否確認訓練、社員説明会等

【BCP策定支援実績:50社(うち13社支援中)】
1.静岡県39社、山梨県10社、埼玉県1社

2.策定済企業37社の業種分類
  ・建設業6社(一般土木4社、建築2社)
  ・製造業15社(食品系3社、工業系12社)
  ・運輸業1社(冷蔵倉庫業1社)
  ・卸売業4社(食品系3社、工業系1社)
  ・小売業3社(食品系1社、工業系1社、調剤薬局1社)
  ・宿泊業2社(旅館、ホテル)
  ・飲食サービス業1社
  ・産業廃棄物収集運搬業2社
  ・情報通信業3社(ソフトウェア受託開発会社)

3.静岡県BCP特別保証の内定通知済み企業数18社

※2013年2月末現在の実績。1,2回の個別相談は除いています。
アドバイス項目  農商工連携・6次産業化事業計画の策定支援
アドバイスの詳細
農林水産系金融機関の融資・審査部門で、農林漁業者や食品加工業者の方々をご支援した経験をいかし、農林漁業者と中小企業者が共同で行う新たな商品・サービスの開発や販路開拓をご支援しています。

農商工連携や6次産業化には、これまでにない取り組み(=新規性)が求められることから、せっかく国や静岡県の認定を受けても、ビジネスにつながらないケースも少なくないと聞きますが、実際のビジネスにつながるよう、より具体的で、実践的な事業計画の策定支援を心掛けています。

なお、6次産業化プランナーとして活動しています。

【農商工連携事業計画等の策定支援実績】
・農商工等連携事業:3社
・しずおか農商工連携基金事業:3社
※2013年3月末の認定件数です。
アドバイス項目  経営革新計画の策定支援
アドバイスの詳細
・金融機関の融資審査部門、IT・Webコンサルタント会社のコンサル部門で、中小企業の経営者や個人事業主をご支援した経験をいかし、事業を継続していくために必要となる、新たな事業活動の展開をご支援します。

・静岡県の承認を得たとしても、ビジネスにつながらないケースも少なくないとも聞きますが、実際のビジネスにつながるよう、より具体的で、実践的な事業計画の策定支援を心掛けています。

・なお、経営革新事業の承認を目指すとともに、承認後は経営革新事業の補助金申請もお手伝いしています。

【策定支援内容:全3〜5回コース】
・1回目:会社概要等、経営革新事業のヒアリング
・2回目:経営革新事業のブラッシュアップ(1)
・3回目:経営革新事業のブラッシュアップ(2)
・4回目:経営計画の策定
・5回目:実施事項の策定
※経営革新事業の内容によって、ご支援回数が異なります。

【経営革新計画策定支援実績】
・約86社(経営革新事業の承認済。公開企業のみ)
※2013年2月末の実績です。1,2回の個別相談は除いています。
アドバイス項目  ネットショップ運営支援・検索エンジン対策(SEO)
アドバイスの詳細
全国各地のポータルサイト運営や創業塾・経営革新塾で培ったノウハウを活かし、単なる検索エンジンに上位表示される(Webポジションの獲得)ためのテクニックではなく、@市場機会(顧客ニーズ)をとらえ、自社の強みを活かしたSEO対策、A訪問者を売上に結びつけるためのサイトレイアウト・デザインをアドバイスいたします。
・Webを活用した創業・経営革新支援
・ネット販売による販路開拓、商品開発
・検索エンジン対策(キーワード選択、html構造、CSS活用、リンク獲得など)
・アクセスログ解析と解析結果のマーケティングへの活用
・セキュリティ対策
・既存ホームページの有効活用・リニューアル
専門家派遣事業に
対する自己PR
静岡の中小企業応援団!静岡市の中小企業診断士兼6次産業化プランナーの玉置久倫です。経営改善計画や経営革新計画、事業継続計画(BCP)、農商工連携・6次産業化、IT経営・Web戦略の策定・運営支援を行う一方、静岡県観光カリスマとして地域資源や観光資源を活用した地域活性化を応援しています。


*専門家派遣要請書*
Word形式(38.00KB) / PDF形式(28.74KB)

検索ページに戻る 検索ページに戻る ページTOPへ ページTOPへ  
公益財団法人 静岡県産業振興財団(静岡県中小企業支援センター)

お問い合せ : joho@ric-shizuoka.or.jp